応募・見学フォーム

社長に聞く!

採用情報

INWC Recruit 2021-2022

社長に直接聞いてみよう!!

INWCに応募する前に色々なことを社長に聞いちゃいましょう‼

元木メシ、希望者集え!

NWCの社長に直接話を聞きたい、どんな会社か知りたい!
会社説明会なんてまどろっこしいからすぐ話がしたい!
という方はぜひ、社長が飯をおごるので語り合いましょう。

応募フォームからぜひご連絡ください!

元木メシ、事務所見学に応募する

INWC社長にインタビュー!

INWCについて、そして応募される⽅に伝えたいこと、
その他⾊々なことを社⻑に直接聞きました!

株式会社イノベーションワーキングカンパニー
代表取締役社⻑ 元⽊ 和洋

INWCのキャプテン。熱い思いを持った人が好き。人の話を聞くのが大好き。ゲーム好き、スポーツ好き、サバゲー好き。実はちょっぴり苦労人だっだりする。

QA

普段はあまり聞けない、
社長のプライベートについて

Q1.プライベートの趣味は?

最近はスマートフォンのMMOのRPGゲームです。
チームに入りメンバーと楽しむ事で、組織論が学べたり…。
ゲームと言えど侮れないなと思っています。(笑)
その他には、ゴルフやサバイバルゲームも好きで、外で体を動かすことも大好きです。

Q2.ストレス解消法は?

  • とにかく寝る。
    寝ている間にエネルギーを得ているタイプです。
    ホロスコープで見ても睡眠はキーワードとしてあがっているんです。
  • 運動→ひたすら汗をかく
    お酒を飲むことも昔はあったが最近は飲めなくなってきたのと健康意識があがってきました。

若手社員に伝えたい!
社長に聞く20代の過ごし方

Q3.20代のころ、どんな人物でしたか?

エネルギーの塊みたいでしたね。
今の20代の子たちに比べてエネルギー量は桁違いだったと感じています。
やりたいことをやる!という思いが強く、一日の時間が足りなすぎると感じていました。
看護師からPCハードショップの経営をした時期でした。
看護師時代も必死に患者様と向き合っていたし、自営としてPCショップを立ち上げた時は経営をするために、仕入れから販売まで必死にやっていました。
共通することは、自分が楽しくてやりたくてしていることだから、寝る間も惜しんで楽しんでいました。

Q4.今の若い人(20代)に一番伝えたいことは?

「間違っているかも」などと逡巡しないでとにかくやる!行動することです。
例えその時、やりたいことが違うと感じても死ぬ気で目標に向かえば、今やっていることではない、別のやりたいことが出てくる可能性がある。

人間は思っている以上に鈍感です。
だからやってみないとわからないので、やらなければならないことをがむしゃらにやるべきだと思います。

また、熱さ、熱意がとても重要です。
サラリーマン時代は就職したい会社に自分の実績をCDに焼いてアピールしたこともありました。
熱意は人を動かすこともできるのです。

社長の忘れられない思い出、人生観

Q5.忘れられない思い出は?

① 中学生の頃に、陸上の東京都大会3000mで記録を出したとき。
(2.3位は同じ中学校の友人だった)。
絶対に勝ちたいと強い思い持っていて、実った瞬間の光景を今でも思い出します。

② 娘が初めて立ったとき。
ピクニック中にゴロゴロ、ハイハイをしているのを見ていたが急に立ち始めた。
初立ちを見れた瞬間を今でも光景を思い出したりします。

③ INWCを立ち上げて6ヶ月後に事務所を設けた時。
メンバーと一緒に事務所のデザインから、家具を選び、作り上げたときの感動は大きかった。

Q6.人生におけるモットーは?

  • 人から感謝されること。
  • 何事もあきらめない。
  • 学んだ知識、経験を奪うではなく与えられる人間であること。
  • 行動→感動→変化→行動を繰り返すこと。

社長にとって経営者とは?

Q7.なぜ経営者になろうと思いましたか?

高校生から働きながら学生生活を行なっていたので、全て自分の行動は自分に返ってくる人生でした。
その結果、自分の人生は自分で決める楽しさが生きがいになっていきました。
気がついたら、経営者という仕事が一番、自分に合っていると感じるようになっていました。

Q8.子どもの頃の経験が今の経営者の立場に影響しているんですね。

苦学生というか、学費なども全部自分で稼いでいました。親を恨んでいた時期もありました(笑)。
しかし中学を卒業したあたりから社会での責任を学ぶようになり、そこから「誰かのせいにはしない、自分がどうにかすればいい」という考え方になりました。したいこと、欲しいものがあればそのための努力をし、その結果ほしいものが手に入る、したいことができる。つまり自分の努力次第で世界が変わってくるのです。

そして責任をとる覚悟を学んで適切な職業は社長だ、やりたいようにやるんだったら社長しかないと思いました。
こんな自分についてきてくれる人物は、この先なにがあっても絶対守りたいです。

Q9.目標としている経営者は?

吉田 潤樹さんです(吉田ソース創業者/ヨシダグループ会長)。
勝手ながらきっと、前世で合っていると思っています。影響力がとてつもなくある方で心から尊敬し、目標にさせて頂いています。

Q10.目標、尊敬についてもう少し教えてください。

30代くらいになったときに道を示してくれる人がほしかったのですが、その頃は尊敬できる人とはあまり出会いませんでした。当時は自分自身がブレていたのかもしれないと思います。尊敬できる人物は、自分がブレていると見つからないかもしれません。のちに今の家族の仲人をやってくれた方のことは「本物だ」と感じました。
その方から人生の迷いがあるときに「憧れられる人間になれ」「道を作ってやれる人間になれ」と言われふっきれました。

Q11.社長にとって成功とは?

まだ、道半ばなのでわかりません。成功って何ですか?(笑)
私が死ぬときに世の中が判断するものだと思っています。
今目標にしている第一段階目の成功という意味では、会社が10億企業に大きくなり、社員が笑って楽しく仕事していることですね。

最後に、INWC社員について教えてください

Q12.INWCにどのような人に来て欲しい?

夢持っている人にぜひ来ていただきたいです。ただ夢は変わっていい、ひとつの夢に固執する必要はありません。
とにかく目的意識をもってそれに対して全力で向かう人。一生懸命やっている人。
なんとかしてやろうと思う人。そんな人がINWCに向いていると思います。

Q13.社長にとってINWC社員とは?

家族だと思っています。

Q14.社員はどうやったら成長していけばよいか?

成長速度に悩んでいても大丈夫!
今の世の中は学ぶ方法はいくらでもあります。私もそして他の社員もアドバイスできます。
成長してほしい期待値は教えますが、答えそのものは教えたくないです。
つまり「これだけをやって欲しい」とは思っていなくて、常に予想を裏切って欲しい。
成長のコツは、素直であること。まずは、言われた事をすぐにやってみる。
そして感じたことをOUT PUTできる。これができる人は成長が早いです。

Q15.最後に社長からの思いをお願いします。

世界に貢献できる会社にしたいです。
世界から「ありがとう」を貰えて、言える会社にしたいです。
貢献はボランティアではありません。
しっかり、社会の役割を意識して、その役割を達成できる集団になりましょう!

いかがでしたでしょうか?
もっと会社のことや業務内容について詳しく聞きたい!という方は、
ぜひ遠慮なくご連絡ください!
一緒に夢を語り合いましょう!

応募フォームからぜひご連絡ください!

元木メシ、事務所見学に応募する

サイトマップ